カスタマーレビュー

2007年10月29日に日本でレビュー済み
6巻から続くロベルタの復讐。
単純な復讐劇と思われた後ろに存在した背後関係。
それに応じて、動き出した張とバラライカ。そして、真の姿で行動を開始し始めたエダ。
この7巻はロベルタ以外のキャラが魅せてくれる。
そして、ロックの「お前がもし銃だとすれば──俺は弾丸だ」の一言。
間違いなく痺れさせてくれる。
ロアナプラ中から漂う緊張感がたまらない。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
140 件のグローバル評価
星5つ
80%
星4つ
18%
星3つ
1%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%