カスタマーレビュー

2011年12月11日に日本でレビュー済み
最終巻です。
エースの中でも指折りの面白さだと思っていたのですが、
それでも3巻で終わりなんですね…。

独特の、考えもしない方向からのボケやツッコミ、
史実をちょこちょこと挟んでくる技術は最後まで健在です。
新キャラ(最終巻なのに!)で、徳川家康(女)が登場します。
残念な事に、中盤からの登場なので、メインエピソードには絡むものの、
登場回数自体は少ないです。
(三方原を元にしたシーンも含まれているので、あのエピソードが好きな人はご期待ください)
その他、川中島の戦い、塩を贈る話など。
そして主人公が信長である以上、当然、最終話はあの「変」が…。

巻末のおまけ漫画は妙に頑張って10ページ。
伊達が作る「真の闇エンド」は本当に酷いです。
そうならなくてよかったよかった。

せめて、あと1巻でいいから続いて欲しかった、と思えてなりません。

あ、勝家と義元も、ようやくちょっとだけ出てました。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
3 件のグローバル評価
星5つ
43%
星4つ
28%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
30%
星1つ 0% (0%) 0%