カスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2020年10月2日に日本でレビュー済み
少し前に高田さんの画集が発売になり、懐かしいマミのイラストも多数載っていましたが、間を置かずに出たのが...
あちらはオレンジロード目当てで購入しましたが。

広く浅く。
今初めてクリィミーマミに触れる人にはおおよその所が分かって良いかと。
昔から知る人には懐かしく眺める分には。

カバー裏は優から守くんへのお手紙。
中身は目次の後、冒頭、イラスト集。
高田さんのマミから始まり、アニメ版、高田さんのイラストが入り交じり8ページに11作品。
ちょっとした講釈の後、設定画を使用してのキャラ紹介。
優、マミ、俊夫、ネガ、ポジ、ピノピノ、めぐみ、木所さんに慎悟、みどりに両親、守、愛、マモちゃん。
後半に行くに従い少量ずつ。

そして、テレビシリーズ解説の前半、26話までを1ページに1話ずつ。
キャプチャーと文字での解説。
キャプチャーと文字が半々から、キャプチャー多めまで。
基本はキャプチャー面積の方が多め。
で、ラブリーセレナーデ、ソングスペシャル2カーテンコール、ZuttoKittoMottoのキャプチャーが1~2ページずつ。

スタッフインタビューとして、ぴえろ布川氏、高田さんのインタビュー。
マミのおもちゃ、コミカライズ作品紹介も。 めぐみちゃんが主の不機嫌なお姫様からの紹介。 4巻の発売はいつだろうか?

絵コンテセレクション、再びのスタッフインタビューを経てテレビシリーズ解説の後半へ。
続いてキャストインタビューは太田さん、水島さん、島津さんたちメインキャラクターCV。

OVA1永遠のワンスモア6ページ、OVA2ロング・グッドバイ8ページ。
エンディングキャプチャー少々。
で、サブキャラ設定集。
鏡のマミは...うっすらと...うっすらと...

マミのディスクレビュー、簡単なマミの登場するOVA紹介、グッズ紹介で終了。
ボリュームからすると、¥2000+税はまぁまぁ妥当かと。
マミ全般を懐かしく振り返るにはまぁまぁでした。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
43 件のグローバル評価