カスタマーレビュー

2007年11月6日に日本でレビュー済み
この方の単行本は全て読んでますが、正直この巻が一番のお気に入りになってしまいました。
内容的には好き嫌いが別れるかもしれない…(読者の予想を見事に裏切る結末とか)
中途半端に登場しているように見える主人公の同僚・柳瀬。だけど実生活に置き換えて考えてみると、『あるある、好きかもと思うんだけど結局好きになりきれない人』
ある意味柳瀬は主人公が言ったようにビッグチャンス(切っ掛け)を運んでくれるお助け屋さん的役割を担っていると言える。
柳瀬と恋仲にならない展開がむしろ面白い。
どんでん返しが良くも悪くも巧みに織り込まれた作品だなと思った。
Hシーンがやたら頻繁に出て来る濃厚なBLには食傷気味だったので、こういったあっさりな後味のお話はとても読後感が爽やかで清々しいです。
ただ、確かにブラコンの兄貴が宙ぶらりんなのが勿体なかったかな…。
でも弟(主人公)がとにかくイイ味出してるので随所で笑っちゃいます。(特に先輩との掛け合いの場面とか)
作者あとがきも毎度笑えますね。
とにかくおすすめの一冊です!
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
17 件のグローバル評価