カスタマーレビュー

2019年6月22日に日本でレビュー済み
この作品のファンで、影響をモロに受けて音楽活動を再開したおっさんの感想です。。主人公の葛藤、決意、そして演奏に関する細かいテクニックについてよく描かれていて、感動して泣けた。しかし、ライバルの転校生とのやり取りについては、もっとシンプルに深く書けなかったのだろうか。これのためなら薄い恋愛描写は省いても良かったのではないか。また、エンディングに向けての展開は想定の範囲の印象だ。コンクールに向けて邁進する描写が主体で、第一シリーズのような部活動を揺るがすようなドラマチックで切なさが残る展開ではなく、主人公がどのように自らの将来像を描くかとうことにフォーカスしてキレイに終わる展開だ。ラストシーンにはあえて道半ばである描写があり、今後の主人公の行く末は読者に託しているのか、別巻で書くのかという感じだ。また、他主要キャラの進路については、あえて軽くしか触れず、この物語はあくまで主人公の視点にこだわっていると感じた。本来、京アニに群像劇として昇華してもらいたいと期待としていたが、不幸な火災で尊い人命が失われた。私はいつまでも待ちたいと思う。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク