カスタマーレビュー

2018年11月27日に日本でレビュー済み
1冊の大部分が、バッテリーと打者の駆け引き。
テンポよく読んでいくと、腹の探り合いと決断の吉凶が目まぐるしく展開して、試合を見ているようにドキドキしながら楽しめる。こういう駆け引きの妙は、「おお振り」の魅力だと思う。

でも、本巻の見どころと言えばそれくらい。キャラは増えた一方、深く絵描きこまれるわけでもない。埼玉戦がだらだら続き、あららーっと点を取ったり取られたり。しかも、まだ続く。
トレーニングの成果を試す大事な試合、というのは分からなくもないし、雪辱を期す埼玉というのも確かにありそうなんだけれど、リアルなだけでなくてドラマというか、メリハリがほしい。ストーリーにも、絵にも。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
114 件のグローバル評価