カスタマーレビュー

2007年5月24日に日本でレビュー済み
長かった西浦vs桐青戦がついに決着!
主役の西浦ももちろん良く、大好きですが、
この試合を読んでいるうちに、
自然と対戦相手の桐青高校にも感情移入してしまいました。

今年で終わりの3年生達。
実力のある2年生(エースと4番が2年!)
大抜擢された1年生。

1年生だけの西浦の爽やかさ・初々しさとはまた別に、
3学年でチームが構成されている桐青は、
そのまま現実の高校野球のチームを見ているような気持ちにさせてくれました。

きっと現主将の和さんや、名セカンドの島崎くんは、
昨夏の甲子園メンバーなんだろうな、とか、
背番号10のエース・高瀬の次には、
背番号1をつけた先輩投手がいるんだ…などなど。

漫画で、これほど現実に近い体温で高校野球を描いた作品は他になく、
読みすすめるうちに、まるで本当の試合を見ているような熱い気持ちで
「どっちのチームにも勝ってほしい!」と思い、試合の最後は泣いてしまいました。

充実の試合展開、生き生きしたキャラクター達のこの作品には、
長く連載が続いてほしいです。
次巻からの展開でも、どんな魅力的な高校が出てくるのか、本当に楽しみです。
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
65 件のグローバル評価