カスタマーレビュー

2020年12月5日に日本でレビュー済み
老躯に鞭打って頑張って描いて下さる点に+1ですが、正直作品の出来は星ひとつレベル。絵は仕方ないとして、ダラダラ引き延ばし感満載なのが…

編集さんにこの声、届いて欲しい。古参ファンだって、「読めるだけで嬉しい」信者ばかりではありません、作品としての良し悪しだってきちんと評価はします。「この作品」というだけで延々と購入したりはしません(私は買ってない)。
それともこの無駄ゴマの(と思える)オンパレードは、作者さんの意向によるものなのだろうか?

「アルカサル-王城」を「漫画家にも作品にも旬がある」と、長期中断の後ダイジェストでさっくり完結させた青池保子氏は、色々な意味で偉大なんだなと思った。(勿論あちらは、史実というアドバンテージあってこそのものなんですが)
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク