カスタマーレビュー

2021年9月26日に日本でレビュー済み
「最後の瞬間に、彼女が微笑っていたのなら。あなたはきっと、後悔すべきじゃないんだ。」
どうしてもこの言葉を引用したい。2巻も6巻も、そして8巻も、サブキャラの物語を書いた感じですが、この中で個人的に最も好きなのは今回の話です。強烈な感情皆無、最後の最後まで二人のやりとりは淡白そのもの。でも泣ける、ファウはサイラスの理解者のように、サイラスもまた、彼女の理解者である。一見孤独に見えるサイラスだけど、その裏にいつも彼女の存在が居て、支えられてた。傍若無人、冷血無情の化身みたいなサイラスにも、内心はやはり柔な部分があって、その柔な部分もまた彼の行動理由である。そんなギャップに感動覚えた、それこそ魔境の中の"心"だと、知らされた。
最後に、やはりメインストーリーが見たいです。よって、星4にする。
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
106 件のグローバル評価