カスタマーレビュー

2016年2月5日に日本でレビュー済み
この手の作品は、どうしても主人公が博愛主義・正義的であるがゆえに基本的には守勢な展開になりがちだ。
この作品も巻き込まれが型であるものの、暴力の行使について躊躇う閾値が非常に低く、少しでもリスクがあったら相手を壊滅させて和平交渉するという、効果的ながら普通の人間では発想しない行動をとる。

次からは新たな章にはいるようで、今後も期待したい。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク