カスタマーレビュー

2016年3月22日に日本でレビュー済み
皆さんがレビューされているように、冗長さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は本巻をとてもわくわくしながら読み終えました。
キョーコが京子という女優として今後確立するために欠けているピースを埋めてきたのだなと。今のキョーコはネガティヴイメージな役ばかりですが、主役(人から愛される役)を演じるためには、愛情の根幹的なコンプレックスになっている母親との対峙は必要だと思いました。
次からの展開が楽しみです。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク