カスタマーレビュー

2021年6月24日に日本でレビュー済み
小説だからこその、意図的なミスリードを演出できる。
普通ではありえない方法で事件が起こり、進んでいく。
エンターテイメントとして作者の表現の癖が非常に強く、好みがわかれる。
内容よりも表現を楽しむ作品だと感じます。
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
115 件のグローバル評価