カスタマーレビュー

2019年3月29日に日本でレビュー済み
11巻まで読んでいて感じたのは、主人公が八幡で良かったこととキャラクターのバランスが良かった反面

雪ノ下家を出さなくても良かったくらいイライラしながら読んでいましたが、八幡の考え方に対しては、自分は彼を親友にはしないですし、彼が望まないことは自分はしたくないなあと感じてはいました。

結衣は考えは大人だなあとは反対に、八幡と雪乃以上に今の関係に安心していて、それを踏まえていつかは今のまちがった関係を終わらないといけない狭間で一番悩んでいるのは結衣な気がします

14巻が発売される前に復習と2人のお願いを再理解したくて久しぶりに11巻を読んだので、感想にしました

14巻で一つだけ望むなら、陽乃との決着は付けてから、八幡が雪乃のお願いを叶えつつ、結衣や小町達に文句が言えないまちがった末に、最後は後味のよい結末になることを一字一字込めて書きました
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク