カスタマーレビュー

2003年7月10日に日本でレビュー済み
「封神演義」は1996年から週刊少年ジャンプに連載された歴史ファンタジー漫画です。原作は安能務訳「封神演義」で安能氏の本もかなり脚色が極端なものでしたが、こちらは完全に少年漫画志向。舞台は古代中国、仙人、神、妖怪、人間が混在した時代、主人公、太公望の活躍(?)を描いてる。原作、もしくは古典を楽しんだ人は「何をふざけるな」と思うでしょうが、それはそれ。これはこれで、全くオリジナルなものとしてみれば良し。その第8巻。姫昌の死により息子・姫発がその意を継ぎ周を興した。反旗を翻した周への制裁のため、殷は魔家四将を送り込んできた。冷酷な四将の攻撃に、怒りを露わにする黄天化は剣士・魔礼青に挑むが…
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
35 件のグローバル評価