カスタマーレビュー

2021年11月28日に日本でレビュー済み
作者さんがしっかり原作を読み込んで理解した上で書かれているのが伝わってきます。なろう読者的には、よくある「俺、何かやっちゃいました?」だろ?と、勘違いされることも多い貴族院の騒動も変な改悪もなく忠実に再現されてて嬉しい、また絵も安定してきて作品のイメージを壊さない素晴らしい絵を有難うございます。

ローゼマインが意図的に促す事と、一切意識してない常識の範疇(現代日本的に)の振る舞いが良くも悪くも人を動かすこの作品は本当に最高w

リヒャルダの全く信用してなく見透かした目が今回ツボった(≧∀≦)
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク