カスタマーレビュー

2017年6月18日に日本でレビュー済み
アラスカはホッキョクグマのいる氷の大地ぐらいしか思っていなかった私は本書で大いに認識を改めました.123頁から 124頁にかけて次の文章があります.

アラスカの場合,夏にキャンプをするときにクマの心配をしながら,どこかでクマのことを考えながら夜過ごすわけですが,逆にいうと,自然との間にそういう緊張感をもてるということは、贅沢なことでもあるとともに、とても大切なことだと思うんです.もしクマがいなくなったら,たしかに夜心配しないでキャンプできるかもしらないけれども,それはつまらない,寂しい自然だなと思います.

緊張感をもって寝るのは贅沢であると同時に大切のことだと言い切る人間は非常に稀です.多分,探検家植村久もその1人だったでしょう.植村は植村は厳冬期にマッキンレー単独登頂を試み,成功し,下山途中の彼に交信が途絶えました.星野は同じ頁に次のようにも書いています.

僕はカリブーの撮影で毎年春に必ず北極圏に行きますが,必ず一度はクマに出会います.でも野生の状態ならクマは僕を見た塗炭に一目散に逃げていく.それがとても自然な状況で.クマはやはり人間が基本的に怖いんです.だからクマの方で自然に距離を保ってくる.ところが国立公園というのはすごく安全そうで,事実は逆なんですね.何故かというと,クマと人間との自然の距離が非常に狂っていて,そういう中で出会った場合,非常に危ないんです.クマが人間を知っているというのはやはりすごく怖いことなんです.

上記二つの引用は星野道夫は自らの死を暗示していたように思えます.周知のように星野は44歳の時,カムチャッカにテレビ放映のための取材にでかけ,独りキャンプを張って睡眠中,巨大なヒグマに襲われ,喰われて死んだ.私はその日のことをこれ以上書けません.
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
41 件のグローバル評価