カスタマーレビュー

2005年7月25日に日本でレビュー済み
 いえいえ、十分始まっていますよ、監督。
「おおきく振りかぶって」の4巻が、待ちに待って出ました。この漫画の面 白さが、さらに出ている巻。この漫画に言えることは、「作品が良質」ということ。これはこれまでのファンの方には今更なことでしょう。
 
 まず、作者がこの 作品を楽しんで書いていることが伝わって来る。だから読んでいる方も楽しい。“オマケ”も充実。
 
 次に、“嫌な人”というのが出てこない。皆、野球が好きでひたむきにやっている。「青春が始らない」のは“恋愛”が絡んでこないから。まだまだ、登場人物たちは、おにぎりの具に一喜一憂し、試験の赤点を恐れ、ケーキ1つを奪い合う、そんな年齢なのだ。懐かしい、自分たちの高校時代。友情や部活が大切だったころ、を思い出して欲しい。
 
 昨今、純愛もしくは野球少年と応援席の少女という恋愛が絡む野球漫画の中で、これは、純粋に野球が好きなまだ、子供らしさの残る野球少年たちを描いた、青春群像劇なのだ。
 
 個人の本棚に置いて良し、公共の本棚に置いて良し、の素晴らしい野球漫画だ、と私は思う。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
36 件のグローバル評価
星5つ
79%
星4つ
8%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%