カスタマーレビュー

2018年5月7日に日本でレビュー済み
この6巻でついに原作第1巻の冒頭に辿り着きました!ここに来るまでが長かった。それだけにヤンの「私が全艦隊の指揮を引き継ぐ」とアナウンスするシーンで鳥肌が立ちました。ついに正面対決することとなった二人の英雄。感涙です。
原作はもちろん、アニメや演劇にしても、たいていこのアスターテ会戦から始まるのですが、藤崎先生のコミカライズでは、敢えてラインハルトの幼少時から、その戦いを延々と描写し続けていました。それによりラインハルトが底辺から頂上近くへとのし上がって行く過程が1〜5巻までの間に感動的に描かれました。そしてもはや同盟なんてラインハルトの敵じゃない、みたいな雰囲気が出て来たところでのヤン登場です。この感動を味わえるのは、敢えてこの構成をとった藤崎版ならではですね。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
93 件のグローバル評価