カスタマーレビュー

2021年4月4日に日本でレビュー済み
全巻、Wのブルーレイの横に並べています。
脚本 三条陸 / 監修 塚田英明 と、オリジナルスタッフが関わっているので、Wの正当続編として、毎回の面白さは折り紙付き。

毎回登場するドーパントも実写では難しい(CGを使えば可能だが)、漫画だから表現できる特性を持った個性派揃い。
各巻巻末の当時の出演者インタビューも、ファンには嬉しいポイント。

2022年にアニメ化が決定したようで、そちらも期待。
アニメに声優以外の役者の起用は反対派の自分ですが、本作に関してはオリジナルキャストを起用してほしいです。

個人的に本作を読む時は、
ときめ=川村万梨阿
オーロラ=置鮎龍太郎
ブラキオ=折笠愛
スクリーム=金田朋子
の声で、脳内再生しています。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク