カスタマーレビュー

2012年7月18日に日本でレビュー済み
 原作の愛読者として、これはいただけない。
 もともと、荒唐無稽な筋書きを、キャッチーな文章力と、「細部を読者の想像力に委ねる」ことによってアリにしているわけで、具体的な絵にされてしまうと妄想の余地がなくなり逆効果。「巨大なハサミでバトル」なんてのも目で見ると単なるジョーク。原作は人がボコボコ死ぬ割に不思議とポップな雰囲気なのだが、血飛沫多めの絵柄で暗黒絵巻に変貌して(しまって)いる。決め台詞の印象も小説で読むより何故か弱いなぁ。と言わざるを得ない。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
20 件のグローバル評価