カスタマーレビュー

2020年12月31日に日本でレビュー済み
4巻からキャラの乱発が始まったけどいい感じにそれぞれキャラ立ちし出している、極力人死を見せない配慮か緩めに話を作っている感じはするが無駄に人死をださない配慮は気軽に読めて良い
醤関連の話や森エルフの話は1巻のチーズ周りの話や草原エルフあたりの当時やりたかったことの再挑戦にも感じる。この話だったら1巻の低評価レビューも変わったんじゃないかってぐらい成長を感じる。
主人公だけが特別だった状況からいろいろなマシラビトが参加してきたことでチート級の知識の偏りが緩和されてきたのも読みやすい状況になっている。
一巻では色々な状況をぶっ込みすぎて原作者ともども処理できなくなっていたんだなぁと感じる。今巻、主に冬越し準備の話が主題だが草原エルフの冬越し準備だけでも十分面白いし、ほんのりと種族格差に言及し出したのも良い。家族と思ているからこそのアトムの感覚とミャウミャウ族の特性への理解に差ができてしまっているのも良い感じに出ている。
話やキャラクターに脂が乗り出してきた感が出てきているだけに今巻のラストで全ての状況が覆ってしまうのは怖いね
違反を報告する 常設リンク