カスタマーレビュー

2021年2月13日に日本でレビュー済み
戦国武将の中でも特に知名度が高く、女性説も絶えない上杉謙信。
個人的にその生涯は知名度の割によく知らなかったので機会があれば知りたいと思っていたのですが、この作品の謙信を初めから女性として生涯を描くと言う珍しい設定に惹かれ読み始めました。
作中での幼い頃から女でありながら男として育てられ後に武将としての才覚を買われ病弱な兄を支えながらその死により家督を継ぎ数々の戦に身を投じる一方で女性としての悩みや弱さを垣間見せる謙信の姿には魅せられました。
また宿敵信玄との作中でのやり取りや、まさかあの人物とそう言う仲になるように描くのかと時折呆気に取られながらも当時としてはあり得ない出来事ではなかったかなと感じる予想外な展開も微笑ましかったです。
まあ中盤以降は少々中だるみな展開が目立つようになり終盤の展開もかなり駆け足だった面は否めませんし、出来れば信玄が亡くなった際宿敵の死を惜しんで号泣したと言う逸話を描いてほしかったと言う不満もありますがあの上杉謙信を終始女性として描いた作品は初めてでしょうし、その内容も相まってとても良い作品でした。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
195 件のグローバル評価