カスタマーレビュー

2021年4月10日に日本でレビュー済み
どんどん加速していくロゼマの影響力。
本人は全然望んでいないのにね(笑)

今回は王族の立場故の優先順位や育ち故の傲慢さが浮き彫りに出てきた巻でした。
アドルフィ―ネに対する好感度がアップしたのと比例して、ジギスヴァルト王子の最低度もアップ!
色々とやらかしている事にさえ気付いていない感じが・・・誰かさんと被る感じで。

商人聖女(笑)スピード感溢れる感じで一気に読み、爽快感と同時に疲れました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

オルタンシアは不憫・・・暗躍する悪役達のあれこれもあり、今回も読み応えたっぷりの巻でした。

次巻も首を長くして待ちます。こんなにもハマった小説は、本当に何年ぶりだろうか・・・
作者様に心からの感謝と期待を込めて。

後・・・文が乱れてなどいない。心理描写も秀逸。ライトノベルでいえばトップクラスのレベル。
主人公に魅力がなければここまで読まないだろうし、この値段でベストセラーにはならないね。作者批判のレビューは本当に辟易する。

ちなみに自分は主人公とは正反対の性格で感情移入もしにくいが、小気味いいし面白いしこの小説にハマっているがな。勝手に決めつけないでくれよ。独善的なのはどちらだか。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク