カスタマーレビュー

2012年10月18日に日本でレビュー済み
夢喰いメリー、待望の9巻です。

エルクレスの目的、メリーの置かれている状況、ユメジの秘密など、核心に迫る9巻ですが、シリアスな雰囲気の中でクリオネの可愛さに癒されました。まさか彼女がここまで魅力的だとは……この巻はクリオネ無双と言っても過言ではないかもしれません。「一曲…聞いていきます?」「つい、本気を出してしまいました」は可愛かった(笑)

しかし主人公組も負けてません。相変わらず前向きで、どこまでも真っ直ぐで、見ていてとても気持ちがいい。メリーのふと見せた表情もとても素敵でした。

そして迎えるエルクレスとの闘いの時。様々な想いを胸に宿敵と対峙するユメジ、メリー、エンギ、ジョン、クリオネ。個人的には、ここまでの静かな盛り上がりが素晴らしかった。そしてジョンの猫兵達も登場し、まさに総力戦が始まります。本格的に闘いが激しくなるのは次巻になりますが、この巻の時点で4、5巻の時のような思わず「うぉおおお!!」となってしまう"熱さ"がありました。本当に10巻が待ち遠しいです。

「真実は眼前だ」
「さぁ、追跡(チェイス)を始めよう」
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
18 件のグローバル評価
星5つ
79%
星4つ
21%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%