カスタマーレビュー

2010年12月22日に日本でレビュー済み
勢いのある独自のギャグは相変わらずで、思わず笑わされます。
駅中の本屋で買って電車で読んだので、笑いを堪えるのに必死でした(苦笑)

ただ残念なのが、他の方も言及しているように存在意義の薄れたキャラが多いです。
速水と亜弥、ツッコミ役としてのツンデレさえ居れば、物語が成り立つ位に他のキャラが弱い(実際は名有りキャラは14名ほど出ます)。
新キャラの近衛(お嬢系)も次巻以降、登場するのか怪しい雰囲気。
また、近衛が「学園天国パラドキシア」の寧々とイメージが被り、(キャラの)ネタ詰りも感じさせます。
とはいえ、作者もテコ入れには悩んでいる(巻末のネタにしてる)ようなので、今後の展開に期待したい所。

とりあえず笑いたい方や、美川べるのさんの作品が好きな方にはオススメ。
シュール系のギャグが大丈夫なら、笑えること間違いなしです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
8 件のグローバル評価
星5つ
38%
星4つ
44%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%