カスタマーレビュー

2009年3月27日に日本でレビュー済み
 商品説明にもあるとおり、既につきあっているけど言葉にして好きと言えない、なかなか素直になれない受けが、ちょっとだけ素直になって「ちゃんと恋人同士としてできあがるまで」のお話です。(過去話として、なれそめも書かれています)
 双方眼鏡で2人とも頭脳派キャラという点で珍しいカップリングではないかと。攻めのほうは常日頃からあからさまに愛情表現しており浮気もせず遠ざかろうともせず、素直になりきれない受けを「わかってくれている」という、満点の恋人。受けのほうも自覚はなくとも浮気しようなどと微塵も思わない。すでに良いカップルなんですが、そこに受け側の仕事がらみでトラブルがあり、悩み、その解決過程でやっと「好き」と言う。かわいいお話で、Hシーンもそんなに多くはありません。
 同じ作家さんの「セカンドライン」「セカンドラブ」では脇役だった2人ですが、そちらでもこの2人は大事なポジションに居て、そちらのカップルがこの本でも登場するので、あわせて読むのがお勧めです。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
2 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ
51%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%