カスタマーレビュー

2008年11月2日に日本でレビュー済み
まずは、二巻発売おめでとうございます。
あまり売れていないマンガ家の日常を描いた一巻と変わったところは、
福満さんが売れっ子になり始めているところです。
講談社以外の大手出版社のパーティーにも呼ばれ、
藤子不二雄A先生と記念写真を撮ったり、
集英社のパーティーでアイポッドをもらったりしちゃいます(集英社はリッチだなぁ)。
頻繁に、編集者から接待を受けたりもします。

これは、もはやサクセスストーリー漫画じゃないですか。
めでたい!すごい!人事ながらうれしい!

そのうち、麻生太郎の口から「福満しげゆき」という名詞が出てくるかもしれません。

三巻ではマンション購入などという話も出てくるかもしれませんね。
今後の展開から目が離せない夫婦です。

もちろん、福満さん本来の卑屈な性格は健在ですから、
以前からのファンにも笑えて面白い本です。

今後も、「ガロ」的精神から遠く離れてゆくことなく、商業的にも成功して欲しいですね。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
62 件のグローバル評価