カスタマーレビュー

2017年6月1日に日本でレビュー済み
今回はちょびっと善治郎がキレました。

やはり3年程度のなんちゃって王族では急所を突かれると庶民としての感情が出ちゃいますね。その辺が自然で凄くいいです。

まぁ、常に平静を保つことで失点を出さなかったんですが、今回は保てなかったことでちょっとやらかしていますが。

で、相変わらず、表紙の子やら、大貴族の子やら、善治郎の側室候補が顔を出します。悲しいばかりにスルーされていますが。一人、既に陥落した某姫様のような反応を示したのがいましたが。多分、あの子は気が合うんだろうな。いや、私は表紙の子のあざとさが好きですが(善治郎はそのあざとさを見抜いて心の閻魔帳にしっかりマイナス評価してたり)。

双王国には、目を付けられましたので、今後は表紙の子、ボナ王女、大貴族の子のどれかからの側室攻勢が強まりそうです。

なんだかんだで、苦労人王女がお気に入りですが。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
78 件のグローバル評価