カスタマーレビュー

2018年10月2日に日本でレビュー済み
前作のアルデラミンのイメージを排除して、まっさらに読んだ方が素直に楽しめるかと。ハリポタは意識的にメタファーしているのでしょうが、きちんと消化されているので、偽物臭もせず、気になりません。
しかし、1巻に贅沢にぶち込みましたな。前半、中盤、後半で、どんどんテイストとテーマとどんでん返しが変わり、良い意味で期待を裏切られたので飽きませんでしたが、こんな密度で始めて2巻以降大丈夫か?
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク