カスタマーレビュー

2016年4月6日に日本でレビュー済み
リイド文庫/さいとう・たかを著『サバイバル 6』のレビュー。

樹海で迷い続けるサトルたち。
野犬(もしかしたら、かつて飼っていたサリー)に咬まれたサトルは、目に不調を来たす。
てっきり「狂犬病」かと思ったが、やがて回復する。
ウイリアムは火山弾にやられて死ぬ。やがてロバートも・・・・。
猛暑に、サトルの判断力も鈍くなってゆく。。。

サトルに関わる人間はみな死んでゆく。彼には死神が憑いているのか?
いや、彼が逞しいだけだろう。
サトルはつぶやく。
「考えてみれば、こんな生活環境の中じゃあ、死ぬことより生きていけることの方が・・・・少ない“確率”ってことになるんだなあ・・・・」。

【第6巻】で学んだ『サバイバル術』は以下の通り。
1.「コンパス」の磁針が不安定な理由として、天変地異による大規模な磁気の乱れのほか、近くにある火山地帯や鉄鉱床が原因の場合がある
2.樹海で迷ったら「沢」を目指してみる。沢づたいに行けば、いつかはひらけた場所に出られる
3.「カタツムリ」は、マイマイツブリとも呼ばれ、ツブリ(巻貝)の名のとおり、どれでも食用になる
4.沢ガニの一種である「モズクガニ」は、肺臓ジストマという寄生虫がいる。食べる時はよく焼くか煮なければならない
5.ザリガニは、川の生物の中でもっとも容易に手に入れられる。ハリもウキも必要としないからである
6.サリガニの「胃石」は眼病を直す効果がある(※ザリガニは脱皮前に殻などのカルシウムを血液に溶かし込み、胃の中にためて石化させる。この胃石は「オクリカンキリ」と呼ばれ古くから万病薬として用いられてきた)
7.「眼病」には原因のはっきりとわからないものが多く、心因性により失明するケースもある
8.川の中の岩に石をぶつけて、その衝撃波により周囲の魚を一時的に気絶させて捕まえる漁がある(=「ガチン漁」。現在は禁止されている漁)
9.「ブドウ」は、もともと降雨が少ない乾燥地に適した果実だが、日本産の品種は夏の生育期間に適当な雨量がないと、栽培が難しい
10.犬にブドウを食べさせてはいけない(※中毒や腎臓障害を引き起こすといわれる。レーズンもアウト)
11.カサの骨で「モリ」を作れ
12.サバイバルの状況で「占い」をし、悪い結果が出ても、気にするな
13.秋に大量発生したヤスデ(馬陸)が列車にひかれ、線路が油がひいたような状態となり、ブレーキが効かなくなることがある。これを「キシャヤスデ」と呼ぶ地方がある
14.穴に隠れた小動物は、「煙」でいぶり出せ!
15.「ウシガエル(食用ガエル)」は美味である
16.熱すぎる温泉は「蒸し風呂」として活用せよ

「少年(サトル)は、“家族にめぐりあうんだ”という目的をもっていなかったら・・・・・おそらく、生きぬこうという意思をもちつづけられはしなかったろう・・・・」。
俺は生き残れるか?
第7巻へ続く!
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
51 件のグローバル評価