カスタマーレビュー

2016年8月9日に日本でレビュー済み
『響け!ユーフォニアム』本編3作+短編集1作品に続く本作品は、『響け!』主人公の
久美子の中学時代の吹奏楽部仲間、佐々木梓が、吹奏楽&マーチングの強豪校である
立華高校に入学し、その吹奏楽部での日常を描いた作品です。

強豪校であるが故の、1年生でもピンキリのレベルの違いがあったり、それぞれの部員たちが
いろいろな思いを抱きながら練習に向かう姿勢は、「強豪校には、強豪校としての悩みとかが
あるのだなぁ」ということを、改めて感じさせてくれるものでした。

楽器演奏などを高校1年入学したてでも、中学の経験もあるためか上手くこなす梓ですが、
同学年の同じパートになった子との葛藤や、部内の人間関係などに悩む様子は、それこそ、
実際の部活動でも存在してもおかしくない問題だけに、そこにも自然な触れていることに
「あ、綺麗事で終わらせないんだ」と思ったのでした。

この本は前編ですが、後編では、この強豪校の部員たちにどのような気持ちの変化が訪れる
ことになるのか、気になってしまいます。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
76 件のグローバル評価