カスタマーレビュー

2003年7月10日に日本でレビュー済み
「封神演義」は1996年から週刊少年ジャンプに連載された歴史ファンタジー漫画です。原作は安能務訳「封神演義」で安能氏の本もかなり脚色が極端なものでしたが、こちらは完全に少年漫画志向。舞台は古代中国、仙人、神、妖怪、人間が混在した時代、主人公、太公望の活躍(?)を描いてる。原作、もしくは古典を楽しんだ人は「何をふざけるな」と思うでしょうが、それはそれ。これはこれで、全くオリジナルなものとしてみれば良し。その第5巻。殷に造反した武成王・黄飛虎と共に、西岐へと向かう太公望ら。なんとか最後の関所を越え西岐城目前という時、聞仲の刺客・九竜島の四聖が現れた。戦いの専門道士との噂をもつ彼らの実力とは。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
64 件のグローバル評価
星5つ
94%
星4つ
4%
星3つ
2%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%