カスタマーレビュー

2015年4月18日に日本でレビュー済み
ついに終わってしまったLIAR-GAME。この巻で最終巻のようです。

 今まで圧倒的な面白さで様々なゲームを展開させてくれたこの漫画ですが、最後が悲しくなるほど腑に落ちません。

 終わり方を察するに、完全な打ち切りだったのでしょう。これが出版社側の事情なのか、作者側の事情なのかは分かりませんが、いずれにしろ、出始めた当初からのファンであった私は、本当に悲しい気持ちになりました。そして、心の底から落ち込んでしまいました。

 穿った見方ですが、最後のアキヤマのセリフは、作者の出版社に対するメッセージなのかとさえ思ってしまいました。

 ここまでの感想であれば、☆1つです。

 しかし、☆を2にした理由は、四国志自体のアイディア自体は面白かったということ(書き急いでいるのがわかってしまいましたが)、続編や、アキヤマがどのようにして詐欺集団を壊滅させたのかといったエピソードが読みたいという希望・願望があるからです。

 そして、差し出がましいですが、このレビューを書いたのも、悔しさと良い作品をこのまま腐らせてしまわないでほしいという思いを、きっとご覧になっているであろう集英社の方及び作者に、わかっていただきたかったからです。

 ぜひ、このまま終わるということがないように、心よりお願い申し上げます。
104人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
47 件のグローバル評価