カスタマーレビュー

2010年4月6日に日本でレビュー済み
表紙を見た時は一瞬士郎正宗がSACの設定を逆輸入して書いたのかなと思いましたが、全然違う作家でした。
中身はSACのコミカライズ版で、正直何を今さらという感じがします。
ストーリー運びや絵作りはアニメ版に忠実過ぎるぐらい忠実で、まるでジブリのフィルムブックみたいです。
ただ、それなら当然アニメ版の方が絵が動くし格好良いし、正直コミックで読む必然は感じられませんでした。
しかもカット割りが大きく中身がスカスカで、この厚さでありながらアニメ版の1話分しか収録されてません。
これで1000円近い値段となると、コストパフォーマンスの面ですらDVDに劣ります。
普通の漫画みたいにやたらと説明的なのも攻殻には似合わないかも・・・。

最後のタチコマな日々は(本家には及ばないものの)そこそこ面白かったので、そこだけ星2つ。
秋にはタチコマな日々とこのシリーズ別々に出版するみたいなので、そっちだけ買おうと思います。
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
138 件のグローバル評価