カスタマーレビュー

2020年8月27日に日本でレビュー済み
ギムナジウムの男子を希望するならトーマの心臓をお読みになったらよろしいかと
そもそも忘れてしまいたい程の過去を封印していた主人公が過去と向き合うという軸はブレていません
アマネが過去と真正面から向き合うのに球体関節人形という存在が必須だったというだけです
見なかった振りや、無かった事にしたい過去についてこれだけ短いストーリーの中で描き切っている事に感服しました
次巻が最終巻らしいですが、10巻以下でここまで濃密さが描ける兎丸先生は凄すぎます
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク