カスタマーレビュー

2012年3月19日に日本でレビュー済み
西尾維新さんによる、独特の表現が大変面白く、また、挿絵がないため個々の想像を大きく掻き立てられる素晴らしき作品だと思います。
 特に秀でているのが、会話劇。登場人物のマニアック且つクラシックなボケに対し、解説を挟みつつの、心地よさが生じるほどの美しい突っ込みを入れる主人公、思わず笑みがこぼれてしまいます。主人公に関しても、珍しい点があります。決して強くもなく正義の味方でもない。それでもって少し変態という、これもこの化物語シリーズの面白い点です。 しかしながら、勿論とてもシリアスな展開もあり、泣ける話もありました。「青春時代」が題材故か、恋の関係する話もあります。                       

注意:この物語の登場人物たち、大変ボキャブラリーが多彩です。「?」が付く事もあります。               
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
124 件のグローバル評価