カスタマーレビュー

VINEメンバー
2014年5月19日に日本でレビュー済み
現代日本のサラリーマンが異世界に召喚されて王族の日常生活を描きます。
ラノベに多い中二的な表現やバトルなど無く、最近の流行りからは外れている設定で新鮮でした。

異世界召喚、婿入りまでかなりゆっくりと描かれているので、他の評価にもあるように、盛り上がりには欠けます。
2巻3巻と進んでいくと、他国が絡んできて外交や政治的な描写も増えるので面白くなってきます。
最近は能力を持った主人公が無双するような作品が目につきますが、こちらは世界観なども90年代くらいのファンタジア文庫やスニーカー文庫を彷彿とさせる面白さでした。
全体的にしっかりとしたラノベという印象です。

シリーズとしては★5の評価にしたいですが、1巻はまだ導入といった感じですので一つ減らしました。

異世界に持ち込んだものについて、ツッコミもありますが、
最初の召喚では翌日の午前中まで、その世界の気候・風土・文化などゆっくり見ることもできず、1ヶ月の猶予(退職後は10日程度)しかないという条件でここまで揃えたのはかなり有能だと思います。
また、1巻で書かれていたかどうか忘れましたが、家電には寿命があり慣れるまでのつなぎと考えてるので、あえて既成品を中心にしたとも考えられます。
自分も、農作物の種子など持っていけばと考えましたが、あまり環境を変えてしまうようなものを持ち込むのはマズいかもしれないし。
〇〇を持ってきておけば・・・というような描写もありますし、説明がつくようにはなってますね。

多少人を選ぶ方だと思いますが、ラノベの中ではかなり面白い部類だと思います。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
116 件のグローバル評価