カスタマーレビュー

2014年11月13日に日本でレビュー済み
思いました。以下、ネタバレ含みます。。。

主人公があんだけうじうじ?していたので最後の最後で爽やかに終わっちゃうのかな?
と思いきややっぱり主人公は主人公でした。

「え、ここまで決まってるのにまだ終わらんのか!」っていう人もいらっしゃるかとは思いますが、
私はこの終わり方は好きだし、主人公が「愛されるのが怖い」といって、
しつっこいお兄さんが(笑)「そっかダメなのか…」とあきらめ(たりはしない、もちろん笑)に似た
諦観を持ってるシーンなどは一番好きでした。
予想つく終わり方でも嫌いな終わり方じゃなかった。

最初の巻のまま、二人ともそのまま来たという感じ。成長とかそんなものはほぼなく、ただ主人公が
愛されるようになったというだけの、言ってしまえばそれだけなんですけれども。

途中の昼ドラみたいな女性にはちょっと苦笑気味でした。作者様が最後に誰を入れたらいいのかおそらく相当悩まれたのではないかと。
いらない気もしましたが、そんな状況にもまぁ、翻弄される主人公が可愛かったので、まぁいいかなと。

一体最後どういう登場で二人が終わるのかなと思ってわくわく(笑)しながら見てましたが、
さらりと見合いの場に登場するのは「うわこいつ変わってないわ~」と思って笑ってしまいました。。
この見合いの場にさりげなく登場するのにどんだけ苦労したんでしょうかね、この人(笑)
ってかどんだけ主人公好きなんだっていう…まぁ、そういう相手でなければ、主人公もずっと一人のままだったでしょうけれど。

このひねくれ?コンビはずっと好きだったので、こういう終わり方で個人的には好き。
こういう生き方もありなんだろうなぁと、思います(笑)
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
64 件のグローバル評価