カスタマーレビュー

2021年3月13日に日本でレビュー済み
呪術廻戦は1巻だけ読んで長らく放置していました。と言うのも自分はキャラの薄っぺらさ(特に誰とは言いません、何人かいます)がどうも気になり、興味を持って読み進めることが難しくなってしまったからです。それ以外の点でも1巻の「上位の批判的なレビュー」に書いてあることとほぼ同じ感想を持っていました。

最近になって人に呪術廻戦を勧められ、もしかしたら印象が変わるかも…という期待を込めて0巻を購入。
大当たりでした。

何が一番いいって、ストーリーの部分部分が気持ちよく嵌るんですよね。主人公・乙骨憂太が高専へ行くことになる理由が非常に分かりやすい。そこでやることも明確。
その他にも、乙骨君のキャラが親しみやすく、ちょっと頼りない感じから成長していくのが見ていて"良い"。ジャンプのバトル漫画らしいさっぱりしていて動きのよく見える作画。…など、高評価に値する点が多いです。

ただ、1巻からの呪術廻戦のほうが敵キャラや五条先生の過去話が描かれていてより背景を理解しやすくなっています。逆に言えばその辺の穴埋めがやや弱いまま話が進んでいくところは0巻の欠点と言えば欠点です。が、全体的にテンポが良く面白いので、そこまで気にはならないと思います。

0巻を読んでから1巻以降へ進むと、何名かのキャラは「知ってる面子」になり、高専の雰囲気も0巻を読む前よりは分かるようになり、何よりどの登場人物も物語の一部でしかないということを実感できます。自分が一番気になっていた「キャラの薄っぺらさ」は群像劇的なお話の中で解体され、時間をかけて補填されていくものであると捉えられるようになりました。ある意味うやむやなままではありますが、特に支障なく作品を楽しめるようになったので自分としては良し! ということであっという間に(2日ほどで)2~15巻も一気に読了。大変面白かったです。

1巻やこれまでのアニメを見て「どうもピンとこねえなあ…」と思っている方、もし時間とお金に余裕があれば0巻から読んでみることをお勧めします。これで面白く感じられなかったら流石に切ったほうがいいです。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
9,752 件のグローバル評価