カスタマーレビュー

2019年7月26日に日本でレビュー済み
久しぶりのポーの一族。年月が経っているから絵が変わるのは当たり前。エドガーは依然としてエドガーらしいし、アランもアランの甘い感じのまま。以前、萩尾先生が何年も前に「私はもうポーの一族は描きません。絵が変わってるし、誰が他の人が描いて下さい。」とインタビューが載っていてガッカリしたことがある。ポーの一族は萩尾先生が創造者、だから他の人には描けるはずがない。と思った。でも月日はめぐり萩尾先生がまたポーの一族を描いてくれて本当に嬉しいです。アランも完全に消えてなくて、またアランが生き返る?望みもできたし、良かったです。これからも萩尾先生には元気で長生きして頂きたい。これからもポーの一族や素晴らしい作品を読みたいです。ポーの一族の再開に心から感謝しています。追記:先日銀座松屋のポーの一族展に行きました。そしたら萩尾先生がスクリーンで話してるコーナーがありました。先生の意志で連載を再開したのではなく、エドガーとアランが萩尾先生を呼んだんだということがわかりました。彼らはもう意志を持ってるんですね。だから、もう描くべきではないと思ってる方はエドガーとアランに直接?おっしゃってくださいな。(’-’*)♪
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
537 件のグローバル評価