カスタマーレビュー

2019年7月4日に日本でレビュー済み
全国金の結果は予定通り。ソリの担当が行って返ってくるのも、奏が外れてチューバが強化されるのも前巻を読めばバレバレ。
但し、久美子視点を貫いているからか、せっかく突っ込んだ新キャラの処理が未消化です。特に真由の真の人物像は描かれず。例えば、なぜ頑なに自分が写りたくないのか、思い出作りという理由だけでは理解できませんよ。緑輝と求のエピソードも、あの程度の内容なら果たして必要だったのか疑問です。
もちろん面白く読ませてもらいましたが、サブキャラ、新キャラの描写不足で終わってしまって、もやもやと消化不良感が残る最終巻でした。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
178 件のグローバル評価