カスタマーレビュー

2018年9月22日に日本でレビュー済み
約3巻にわたったラスカル編が完結

ただ、疑問や矛盾は数多く残る。話を広げてみたけど、まとめきれなかったのがすごくわかる。
「名探偵コナンってすごいんだな。」とある意味ミステリー系を含む話の難しさを説明してくれているのかもしれない。

若干ネタバレになるけど、結局真犯人はあいまいな感じで終わるし、誰が真犯人でも人間の首を軽く切り飛ばしたりする怪力を持っている説明もなし。
真城が怪力なのにも疑問はあるけど、まぁ未来日記のユノとか例はあるし、狂っててリミッター外れてるのかな~とか無理矢理納得はできるけど、そんな特例はあくまでメインキャラ補正ありきの特例であって、安易に他キャラに使っていい設定ではない。
たぶん作者は単純で思慮が浅く、「首すっ飛ばしたらすごいぞ!」程度の感覚でしか描いてないのだと思う。

これまでも、またこれから後の話でもグロもエロも工夫が見られない。
ただ殺してるだけかセックスしてるだけ。

作画は良いので☆2
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
46 件のグローバル評価