カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2021年7月22日に日本でレビュー済み
復讐対象の5人のうちの1人、千光寺への復讐を終えた主人公。

同じ場所に捕まっていた東さんに、誰にも言わないかここで死ぬか、と選択させます。。。

そしてこの巻から警察も登場。
どうやら4年前に主人公近辺を捜査していた刑事らしく主人公といじめグループの情報や両親の事故の記事?などで埋められたスクラップノートを持っている変わり者?の巡査部長(♂)と、急造コンビを組まされた巡査長(♀)。
今後どう関わってくるのか、、、

そして次のターゲットは高校生にして売春(うり)の斡旋を仕切る右代(うしろ)。
一時期、当時の彼女の影響で進学校に進み真面目で優等生だったらしいがその彼女が失踪して学校も休みがちになり、、、、また悪の道に戻ったのか、、、と思わせて、、、こいつもやはり悪党です。

そしてここにもまたまた東さん登場!?

知り合いのミキにとにかくバイトお願いと強引に頼まれて詳細も知らずに来てみると右代の仕切る買収の拠点!?あーあ

こうなるとお互いが人質状態になって安易に逃げたり抜けれない負の仕組み、、、

急に不在になったりする右代を、ちょっと追いかけてと頼まれた東さんが右代が入った建物の窓越し見てしまったのは鎖に繋がれ監禁されている女子、、、?

翌日、見られたなら殺すしかと東さんの首にマジで刃物を当てる右代!
が、東さん売りが入ったよーとドアが開きギリギリセーフ??!

毎度ピンチになる東さん、、、

騙し打ちで売春グループに紹介するようなヤツは個人的には友達とは思わないですが、東さん的には自分の身とそんなミキの事も心配して仕方なく売りの待ち合わせ場所に向かいます。

東さん、色々妄想しながら待ち合い場所に向かいます。案外楽天的と言うか天然?こういうタイプは最後まで純血を守りそうな気もしますが、、、、さて?

そして着いたラブホのドアを開けるとそこには主人公が!
一安心?

右代の売春グループの指名の写真に東さんの目だけ隠した写真がいつの間にか使われてたのをたまたま見つけた主人公が右代から引き離すために指名したらしい。

が、至極京との付き合いで知恵を付けたと言われる右代君。東さんのカバンに盗聴器を仕込んでました。
(ちょっと気になって調べてみるとアナログ盗聴器は範囲〜100m程度らしいけどデジタル電波を使うデジタル盗聴だと日本中どこにいても条件はあるけれど盗聴可能らしい、、、ヤバババ、、、が、漫画ではボタンぽい形だからアナログ?拠点の近くにある御用達ホテルなのかな)

主人公と東さんの会話から、売春拠点を襲いに主人公が向かってくる事を知った右代は拠点に腕っ節が強そうな面々を集め、さらに東さんが残ってるラブホには即キレで危なさmaxな巨漢を送り込みます。

この巨漢が都合よく主人公とすれ違い、その時に東さんの名前をつぶやいて東さんの危機を察するのは、、まあ、、、お約束でしょうか。

そしてもうこっちはお約束?合鍵でドアを開けて入ってくる巨漢に襲われる東さん。
パンツズラされるタイミングで主人公間に合った!

バトルに突入するも拳での打撃も、スパイ映画とかで見かけるボールペンでの突きも効いてないようなタフな巨漢、、!逆に重そうな一撃で吹き飛ばされる主人公、、、どうなる!

さて次巻はいよいよ右代達が複数人で待ち受ける場所に特攻する?主人公。命運はいかに!

とここで本編は終了。このあと4コマと予告まで入れて、、、194p

がコミック自体は294p?!
と思ったら他のいじめ系のコミックの1話目が2つ分くっついてました。
復讐の教科書といじめるヤバいやつ

異世界モノとかだと160p170pくらいのもザラにあるので、、194pあって他作品もついてるなら、、まあお得なのでは?と思いました。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク