カスタマーレビュー

2011年10月27日に日本でレビュー済み
この手の書物を手にするのは、航空機マニアかフライトシムプレイヤーも多いと思うんですね。しかし、この本はマニアを唸らせるとまでは行かなかった。残念。
 例えばオートパイロットのことに触れられていたんだけど、エアバス機とボーイング機でそれぞれどのようなモードがあって、PFDの表示も含めてどのように違って、それが推移していくのか、それぞれのオートパイロットの設計、設定思想はどう違うのかなど、全く触れられていなかったですね。ちょっと臨場感に欠けます。パイロットのコールアウトの台詞なんかももう少し詳しく解説してもらうと臨場感があったと思うんですけど、とにかく、臨場感に欠けました。これに尽きる。う〜ん、残念!
 スロットル(スラスト)レバーの動きや機能の違いは上手く解説されていたんですけど、オートパイロットのモードとの相関に触れられていなかったので、逆に素人には意味が分からなかったかもしれませんね。ついでに、「自動着陸機能はどういう仕組みなの?」って、さらっとしか書いてなかったけど…。
 ということで、マニアを唸らせるまではいきませんでしたね。ほんと、残念。絵が綺麗だったので買ってしまいましたが、まあ、今まで買ってきた航空機関連書籍を上回る情報はそんなには含まれて無かったですね。この意見を参考に是非改良してください。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
91 件のグローバル評価