カスタマーレビュー

2020年10月23日に日本でレビュー済み
Web小説発の作品らしいですが、そちらは一切知らずに読んだ上での感想です。

内容的には特に大きな事件・問題が起きるわけでもなく、
比較的淡々と異世界での生活が綴られてた感じでした。
事件等がない兼ね合いで、お話としてのスピード感はそこまでありませんが、ただつまらないというわけでもなく、
まぁ初対面夫婦のわりに初っ端から仲睦まじすぎやしませんか、、とは思うものの、普通に楽しめました。
今後ストーリーが進むにつれて、陰謀だの事件だのが発生するんでしょうね恐らく。

ただ、ちょっと気になったのが言葉の誤用が多いなと思った点です。
例えば主人公は元は一般企業の平社員設定ぽいですが、会社を退職する際に平社員は「辞表」は出しません。「辞表」を出すのは役付きです。
あと「転移が失敗したあかつきには」という文面がありましたが、「あかつきには」というのは成功に対して使う言葉であって、失敗に対して使う言葉ではありません。

このような言葉の誤用や社会常識的な部分の間違いが多々あり、物語自体に直接影響はないものの、読んでいる最中に誤用に目が留まり、そこでちょっと集中が切れてしまうといいますか、そういうのが気になりました。

「王配(王の配偶者という意味の言葉だそうです)」などという一般に聞きなれない難しい言葉を冒頭から使いながら、
こういった一般常識的な部分を知らなかったりというアンバランスさが、何といいますか、多分作者の方は若い方なんだろうと察せられますが、背伸びしているような印象を受けてしまったという点と、
そういった部分(言葉の誤用や社会常識的な部分の間違い)に対して直してあげるのが出版社の編集の仕事ではないのかなと思います。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
96 件のグローバル評価