カスタマーレビュー

2021年3月30日に日本でレビュー済み
風都博物館の轟 響子登場。過去からやってきた死仮面とそれにまつわる園咲琉兵衛とL.A.S.Tのメンバー。L.A.S.Tのメンバーが園咲琉兵衛と名乗る人物とドーパントに死仮面をつけられて死んでいく。今回のテーマは考え抜かれて、推理調なところもそして、照井刑事のフォローも全てがいい。フィリップの地球の本棚。全てが揃っている。世界観がはっきりしていて、今回もフィリップの裏付けと翔太朗の直感とそれに根付いた真相解明。ガイアメモリ「ラーフ」と死仮面の謎。そして哀しい恋心。全てがWの世界観とマッチしている。今回のテーマは、素晴らしい。1巻から読んでいてそれぞれ素晴らしい作品ばかりだが、本巻が一番好きだ。
園咲琉兵衛役 寺田 農さんの巻末インタビューも感動もの。役者魂!の一言。今少なくなりつつある職人気質。
時間は過ぎてもいいものは良いなと思える。

追伸 : ときめは5日間休みもらってその後、行方不明に。次の巻はこれかな?
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク