カスタマーレビュー

2022年1月5日に日本でレビュー済み
なんと5作品中2作品が百合でした。
異世界転生系に百合が増えてきているものの、ノーマルと百合ではそこそこ読者が別れるのではないかと思うのですが、なかなか挑戦的なアンソロジーだと感じました。
百合にはあまり明るくないのですが、ヤマガタアツカ先生の描かれる4作品目の「ヒロインとかよくわかんないから悪役令嬢と逃げます」は絵が繊細で透明感があって、更にちょっとギャル口調の転生主人公と、うねる黒髪が美しい令嬢(めちゃくちゃかわいい)の性格や関係性も相まってぐっと引き込まれました。
ちゃんと百合好きに届くよう百合向けの何かで脚光を浴びて欲しいくらいに素敵です。
百合が好きな層に読まれないのがもったいない…百合好き、どうか読んでくれ…!

個別購入できるようになったようです。
「ヒロインとかよくわかんないから悪役令嬢と逃げます」でお探し下さい。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク