カスタマーレビュー

ベスト50レビュアー
2021年6月13日に日本でレビュー済み
賛否両論ある本コミカライズながら、古い読者にこそ読んでほしい。まず何よりおっさんが豊富だ。華奢イケメンのみならず、大剣振り回して馬上で弓打てそうなマッチョが描きわけられて登場する。そして馬が描けるのも大切だ。マッチョを乗せて縦横無尽に走り回れる、サラブレッドではないムキムキな馬である。予想外だったのが、見落としても問題ないキャラ同士の掛け合いもサラッと再現していたり、原作では追求されなかった部分が補填されている点。これは原作愛読者には嬉しい(ファランギースが露出狂になっているが、あれは新書判の衣装に準拠しているのだろう)。

そして一番忘れてならないこと、それは完結の見込み大な点である!
おそらく一部で終わるだろう。しかしキチッと完結してくれる信頼感がある。この「完結見込み」こそ、角川時代からの読者にとっては大事な要素だ。完結まで31年かかりますって言われても次は生きてられるかわからんからね!
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
242 件のグローバル評価