カスタマーレビュー

2016年1月17日に日本でレビュー済み
なんか、結末を見てからだと、「阿良々木の血を吸わずにそのまま死んどいたらよかったやん」としか思えないです。
そしたら、阿良々木は地獄の春休みを経験することなく、例のヴァンパイアハンターも死なず、キスショット以外の人間にとっては丸く収まったんじゃないかなー、と。そもそもキスショットが日本に来た理由を考えたら、そうした方が一番みんながハッピーエンドになる展開だったんじゃあ、と。

あと、化物語の時に、阿良々木は吸血鬼に「襲われた」、阿良々木が初めて羽川と会った時には既に吸血鬼だった、という記述が確かありましたが、矛盾してないですかねぇ。。

勿論、春休みに阿良々木が羽川と「再会した」時には吸血鬼でしたが。。。

あと、化物語では、忍野が阿良々木に「キスショットを見捨てれば人間に戻れる事を忘れないで欲しい」的なセリフを言いますが、
この話を読む限りキスショットが死んでないんはむしろ阿良々木のワガママやん、と。

多分当初とはいくつかの変更点があるんじゃないかなぁ、と。
どうにもストーリーテリングの粗さが気になり、素直に感動する事ができませんでした。

さらに結末ですが、やはり物凄く阿良々木が勝手な奴に思えて白けました。あれだけ優しいとみんなから評されているんですがね。。。
「僕もリスクを背負ってるんだから、いいだろ?」って?
これはわがままな優しさだと思うよ、阿良々木君。
むしろ忍野や周りのキャラクターが異常に優しい物語なんだよ。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
212 件のグローバル評価