カスタマーレビュー

2011年1月17日に日本でレビュー済み
評価が高いようですが、本当に迷惑千万、出版当時は全く売れなかったそうですが、時代にマッチして売れまくった本のはず。
丁度、本来は今こそ気合入れ社会の中核になるべき我々アラフォー世代の親達の時代にマッチした。家康教的なもので、余りに史実とかけ離れた賛美と都合のいいフィックションのお陰で、その信奉者の子供は苦労させられて堪らない。事実を見ようともしない。考えてみれば今の政治家や官僚事務次官クラスとも一致するかもしれず、現在の形に何らかの関わりがあるのかもしれません。この前までの「龍馬伝」と同じく、我々は彼を信奉しすぎてるのに似てるのかもしれません。
時代劇でないのだから、「龍馬伝」も余りに史実から離れすぎて、社会を混乱させてる気がします。
どちらも、家康、龍馬本人が本当に偉人なら、この現象を憂いてるはずで、そう願いたい。
人は歴史から国の行く末を学ぶのであり、大東亜戦争の悲惨さから、まだ学べていないのだろうか!
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
80 件のグローバル評価